測定機器一覧

デジタルサーキットテスター

自動車整備におすすめのデジタルサーキットテスターをまとめてみました。
クランプアダプターが使用できることを条件にピックアップしてあります。

アナログテスターとは使用感が大きく異なりますが、正確な電圧、電流、抵抗を測定するうえでは欠かせません。
自動車にに使用されているセンサーや、それらのセンサーとコンピューターに繋がる配線のの正確な電圧、充電電流や暗電流、電装品の導通及び抵抗点検など、詳細な数値が必要なシチュエーションは多々あります。

アナログとデジタル両方を持っておくことを強くオススメいたします。

三和 CD732

直流電圧:600m/6/60/600/1000V
直流電流:600μ/6000μ/60m/600m/6/15A
抵抗:600/6k/60k/600k/6M/60MΩ

コメントなし

三和 CD770

直流電圧:400m/4/40/400/600V
直流電流:400μ/4000μ/40m/400mA
抵抗:400/4k/40k/400k/4M/40MΩ

コメントなし

三和 CD771

直流電圧:400m/4/40/400/1000V
直流電流:400μ/4000μ/40m/400m/4/10A
抵抗:400/4k/40k/400k/4M/40MΩ

コメントなし

カイセ KU-2600

直流電圧:400m/4/40/400/600V
直流電流:40m/400m/10A
抵抗:400/4k/40k/400k/4M/40MΩ

コメントなし

カイセ KU-2602

直流電圧:400m/4/40/400/600V
直流電流:400μ/4000μ/40m/400m/4/10A
抵抗:400/4k/40k/400k/4M/40MΩ

コメントなし

カイセ KU-1188

直流電圧:200m/2000m/20/200/500V
直流電流:2000μ/20m/200m/10A
抵抗:200/2000/20k/200k/20M/200MΩ

コメントなし

 

アナログサーキットテスター
自動車整備に適したオススメのアナログサーキットテスターです。
直流及び抵抗のスペックを絞り抜粋してみました。







トルクレンチ

エンジンを分解した整備や、足回りの整備には欠かせないトルクレンチですが、種類が多すぎます。。。

同じメーカーでも数十種類のラインナップがあることもザラですが、自分がよく使うトルクを把握していくと共に、その中で自分の使用状況に適した種類・サイズのトルクレンチを使うことが大切だと思います。

設定トルクだけを考えても1本あれば充分という工具ではなく、自動車整備をする上では少なくとも3本は必要かと思います。ただコレは乗用車のよく使う整備のことに関してであって、トラック等の大型車両を扱う際にはより多くの種類のトルクレンチが必要になってきます。

種類は大きく分けて3つありますが、それぞれメリット・デメリットがありますので、自分に適した物を見つけていただきたいと思います。

メーカー 差込角 
東日6.3sq9.5sq12.7sq
KTC6.3sq9.5sq12.7sq
その他メーカー6.3sq9.5sq12.7sq
全メーカー6.3sq9.5sq12.7sq

 

自動車整備とトルクレンチ
トルクレンチを使わなくても整備できる箇所は色々とありますが、ホイールナット1つを考えても適切なトルクで締め付けできていますでしょうか。私が整備を始めた頃、師匠から「お前は折りそうだから、廃棄する部品のネジを折ってこい!」と言われ、訳も分から
トルクレンチの選び方
トルクレンチの種類トルクレンチにも種類は色々とありますが、大きく分けると シグナル式 直読式 デジタル式があります。シグナル式プリセット式、プリロック式、固定式等があります。プリセット式自動車整備をするうえでよく使われるのはプリセット
トルクレンチにアダプターを付けた際の計算フォームを作ってみました
トルクレンチにアダプターを付けた際の計算フォームを作ってみました

トルクレンチにアダプターを付けた際の計算フォームを作ってみました


スマホで計算フォームが表示されない方はコチラ

トルクレンチ、アダプターの有効長の単位(mm・cm)は揃えて入力してください。

トルクレンチの有効長(A)
差し込み部の中心からグリップ中心までの長さ(トルクレンチによっては切り欠きの線があるものもあります。正確には説明書等を確認してください。)

アダプターの有効長(B)
差し込み部から締め付け対象のボルト(ナット)までの長さ※

※ただし、トルクレンチとアダプターが直線上ではなく、角度をつけて装着する場合は、トルクレンチ中心線上の長さを測定して入力してください。(90度の角度で装着した場合は、設定トルクの計算・変更は必要ありません)

ちなみに上記画像では、10mmの六角ソケットに10mm×12mmのショートメガネを組み合わせてアダプター代わりにしています。

 


トルクレンチの選び方

トルクレンチの種類

トルクレンチにも種類は色々とありますが、大きく分けると

  • シグナル式
  • 直読式
  • デジタル式

があります。

シグナル式

プリセット式、プリロック式、固定式等があります。

プリセット式

自動車整備をするうえでよく使われるのはプリセット式になると思います。トルクをセットする目盛があり、工具無しでトルクの設定を変更・ロックができるようになっています。設定したトルクになるとヘッドがコクッと傾いて規定トルクになったことを教えてくれます。

プリロック式

プリロック式もヘッドの傾きによってトルクを教えてくれるのは同じですが、トルクの設定やロックに専用の工具が必要になります。誤ってトルク設定を変更してしまわないように注意する箇所や、製造・点検等で使われています。

固定式

固定式は目盛も無く、トルクの変更もできませんが、ホイールナットの締め付けやスパークプラグの締め付けの際の専用工具など、対象物を決めて使う分にはセットの必要もなく使いやすいです。特にホイールナット専用品は形状やサイズも工夫されている製品もあるのでオススメです。

直読式

プレート式(ビーム式)、ダイアル式等があります。いずれもトルクを確認しながら締め付け作業を行なえるのがメリットです。

プレート式(ビーム式)

プレート式(ビーム式)はヘッドとハンドルの間のプレートやバーのしなり具合をハンドル近くの目盛で表すもので、構造は1番単純なものになります。そのため耐久性も高く、価格も比較的安くなっています。

しかし、デメリットもいくつか…

  • 対応範囲内のトルクでも許容範囲の上の方では手がプルプル震える(笑)
  • 結構デカイ(特にヘッド部)
  • 締め付ける角度によっては目盛が見難い

手の震えによって指針が見難いのは、一回りサイズの大きな物を使用することで対応できますが、それに伴ってサイズも大きくなってしまいます。

ダイアル式

ダイアル式は、締め付けた数値が分かる置針を備えている物も多く、どのぐらいのトルクで締めたのか、締め付け後に確認することもできます。最大値がわかるので手の震え(笑)も問題なしですね。サイズもプレート型に比べると比較的小さくできていますが、プリセット型に比べると大きいですね。ダイアルで細かい数値まで確認できるので、正確さを好む人は使用する方も多いです。

デジタル式

直読式の表示部がデジタル表示になっただけのものから、通常のラチェットハンドルとしての機能に加え音や光で設定トルクを教えてくれるもの、ラチェットやスピンナハンドルに装着して使用するもの等があります。


pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status