ELM327

超安価なOBD2のツールですがダイアグコードの表示やデータモニタとしてのツールとして、はたして使えるのか…
備忘録も兼ねて対応車種を確認しつつ使用していきたいと思います

ELM327とは

厳密には商品名ではなく、おそらく基盤の名称なのかなと思わせるほど商品の種類が多いです。

接続方式では、USBでPCと接続するもの、Bluetooth、Wi-Fiの3つですね。

そのうち、無線のタイプにはBluetoothとWi-Fiがありますが、iPhoneやipadを使用して接続してみようと考えている方は注意が必要です。

記事を書いている現在時点では、iOSのデバイスと接続できるものはWi-Fiのタイプしかありません。

また通信方式を問わず、バージョンがV1.5のものとV2.0のものがあるようですがV1.5のものの方が無難なようです。一見V2.0の方がバージョンが新しい分対応車種は広いだろうと思われがちですが、そうとは言い切れないようで、現状ではv1.5の方が安定して接続できるようです。

オススメのELM327

現在メインで使用しているのは、このタイプです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ELM327 Ver1.5 青 OBD2 Bluetooth 自己診断 Andr…
価格:1043円(税込、送料別) (2017/9/5時点)

Bluetooth接続のv1.5のものです。以前はiPhoneを使用していたので、Wi-Fi接続のものを使用していたのですが、スマホをAndroid端末に変更してからはこっちをメインに使用しています。

ELM327を使うのにオススメのアプリ

PCのフリーソフト以外に、iOS・Androidでも多くのアプリが世界中から出ていますが、無料アプリでは残念ながらダイハツのK-LINEを始め日本車のプロトコルに対応していないアプリも多いです。その中で無料アプリでよく使用するのは「TORQUE」と「EOBD Facile」です。

「TORQUE」の方がメーター表示がカスタマイズできて見やすいのですが、接続できない車種の場合に「EOBD Facile」であっさり接続できたりします。

対応車種は

対応車種は確認しつつ下記のページにて随時追加まとめていきたいと思います。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status